お風呂

クエン酸でお風呂の鏡の水垢取り&曇り止めにもなる掃除のウラ技

お風呂の鏡が白~く曇っていて、鏡が鏡として機能してない・・・なんてことありませんか?
お風呂に入ったついでに石けんやボディソープなどをスポンジにつけてこすって、「あっ、汚れが取れた」と思うのもつかの間。
またすぐに曇って白くなってしまいます。

はたまた、力任せにこすってキレイになったと思ったら、鏡に傷がたくさん付いてしまって後の祭り・・・なんてことも。

お風呂の鏡の曇りがなぜ取れないのか?
それは、頑固な「水垢」だから。

水垢はアルカリ性の汚れなので、使う洗剤はアルカリ性の重曹ではなく、酸性のクエン酸を使うのが正解!
クエン酸はクエン酸でも「クエン酸パック」がオススメ。

クエン酸を持っていない!という人は、「ポッカレモン」でも落とせるのでお試しを♪

要は「酸」が、鏡のウロコの正体である「カルシウム塩」や「マグネシウム」塩を柔らかくしてくれるのです。
汚れが取れるうえに、鏡の曇り止めにもなるのでまさに一石二鳥。

お風呂の鏡の水垢を「クエン酸」で落とす方法

クエン酸

1、鏡にクエン酸水を吹きかけて、キッチンペーパーを鏡に敷きつめる。

2、(1)のキッチンペーパーの上から再度クエン酸水を吹きかける。
このまま10分ほど放置。

3、クエン酸パックを外して、スポンジでこすり洗いする。
スポンジで拭き取れなかった場合、メラミンスポンジを使ってこすり洗いする。

4、それでも落ちないしつこい汚れは、非常に目の細かい耐水性の紙やすりを使って落とす。
水で濡らした紙やすりをヘラに巻きつけて、こすりとる。

お風呂の鏡の水垢を「ポッカレモン」で落とす方法

ポッカレモンを冷蔵庫に常備している人も多いのでは?
いざ!という時にあるととっても便利なんですよね。
お料理だけじゃもったいない!お掃除にも大活躍するんですよ。

1、ポッカレモンに浸したキッチンペーパーを鏡に貼る。
上からラップをしてパック状態にする。

2、メラミンスポンジに歯磨き粉を歯磨きの時に使う量くらいつけて、クルクルと優しく磨く。

歯磨き粉を研磨剤として使用。
家にある歯磨き粉でOKですが、粒入りの歯磨き粉はNG。
ホテルに置いてある歯磨き粉を掃除用に持ち帰れば0円!!

3、最後にシャワーをかけて歯磨き粉を落とし、乾拭きをする。

1回では完全にキレイにならない場合、数日間続けると白いモヤモヤが取れてツヤピカ感が戻ってくるはず!

以上、クエン酸とポッカレモンでお風呂の鏡の水垢を落とす方法をご紹介しましたが・・・
そんな面倒くさいことやってられないわ・・・という方にオススメなのが↓
最終コレに行き着いてしまうと、クエン酸やら重曹やらのお話ではなくなるかも(笑)。

関連記事

  1. お風呂の浴槽の掃除には重曹+酢+クエン酸を上手に使い分けよう!
  2. お風呂の壁や天井の黒カビには重曹ペーストで掃除するのが効果的!
  3. お風呂の排水溝の掃除は重曹&酢!汚れも臭いも同時に解消…

お掃除&洗濯が楽になる便利グッズ

「重曹」お掃除術

「セスキ炭酸ソーダ」お掃除術

PAGE TOP